PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
時刻
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
不愉快にする言葉
0

    おぼろ陽光

    「三寒四温」の今日この頃です。本来冬の時期の気象現象を指しているそうですが、日本では春先を指す言葉となったそうです。

    昨日、病院に行ったときの話です。検査の窓口で「バカヤロー」と言う男の人がいました。案内された検査部屋が違っていたことで、発した言葉です。大きく怒鳴ったのでなく、捨て台詞のように近くにいた職員に浴びせました。発した本人は怒ったような顔に見えなかったことから、日ごろの口癖かもしれません。突然、浴びせられた人はたまりません。近くにいた私もびっくりしました。悪気がなかったとしても、人をののしる言葉ですから、聞いた人はいい気がしません。他にも、不愉快にさせる言葉はたくさんあります。私も、もしかして使っているかもしれません。注意していきたいと思います。

     

     

     

    posted by: くん | 思うこと | 17:25 | comments(0) | - |
    「不寛容社会」
    0
      NHKスペシャル「不寛容社会」を見ました。ネットの「炎上」のメカニズム、どう行動することが必要か等、興味深く拝聴しました。人間は元来不寛容だというところで終わりました。
      たまたま、スマホのニュース速報を見たら、「『地獄に落ちろ』行き過ぎた熱気の行方 米大統領選」とネット炎上しているそうです。
      posted by: くん | 思うこと | 22:34 | comments(0) | - |
      シャクナゲ
      0
        シャクナゲ
        シャクナゲ
        シャクナゲ
        先日行った那谷寺の「シャクナゲ」です。きれいでした。
        今日5・16は中国の「文化大革命」(「文革」)発動から50年だそうです。
        「毛沢東語録」を掲げ行進する「紅衛兵」や、公衆面前で首からカードを掛けられつるし上げられる人々…の写真や映像で記憶に残っています。毛沢東死去までの10年間、文化財も破壊され、国民も犠牲になりました。
        もともと、毛沢東が「大躍進」運動の失政で失った実権を奪還するために行った政治運動で、「大躍進」運動で数千万人、「文革」で1千万人の人民が亡くなったそうです。
        ソビエト連邦のスターリンは、粛清で2千万人以上虐殺。カンボジアのポルポト政権は、国民は3分の一に当たる3百万人以上惨殺。独裁国家では、国民が粛清や飢餓等で虫けらのように亡くなっています。ちなみに、第二次世界大戦での犠牲者数は、全世界で6千万〜8千万人だそうです。
        那谷寺に行き、「シャクナゲ」を見てきれいだなあーと、思うことのできる、幸せな国に、幸せな時代に生まれてよかったと思います。



         
        posted by: くん | 思うこと | 19:44 | comments(0) | - |
        老後破産
        0
          NHKの「団塊世代 しのびよる”老後破産”」を見ました。親の介護、子供の経済支援が重くのしかかっているそうです。見ていて、明日は我が身かと、寒くなりました。
          悠々自適の第二の人生を謳歌している人もいれば、普段はつつましく時折贅沢の穏やかな生活の人も多いかと思います。そこに、親の介護が発生したり、子供の経済支援まで発生したりすれば、収支は赤になり、貯蓄を取り崩さざるを得ない状況になるそうです。
          生活は大変厳しいようでしたが、親に対する感謝の念(恩)は伝わってきました。また、30歳を過ぎた息子を支援せざるを得ないなさけなさより、「親思う心にまさる親心」を感じました。                                                                                                                                                                                                                        

           
          posted by: くん | 思うこと | 22:35 | comments(0) | - |
          太陽系外移住可能な惑星求め
          0
            ホーキング博士が、光速の5分の1で飛ぶ小型探査機『ナノクラフト』で、太陽系外の惑星や生命体を探すことを計画しているそうです。人類が生き残るためには他の星に住むしかない、との思いからのようです。我々が住んでいる天の川銀河には、移住可能な惑星が数十億個存在するとの研究報告もあるそうです。目指すケンタウル座α星は地球から4.3光年、現在は3万年かかるが、『ナノクラフト』は約20年で到達する、との新聞記事を読みました。
            壮大な空間と時間に人類が挑戦し、実践していく人類の英知に胸躍りますが、一方で宇宙創造の主が怒らないか心配です。
            50年ほど昔、「宇宙家族ロビンソン」というテレビドラマが放映されていました。毎週楽しみに待ち、見ていました。人類の異星移住計画のパイロットとしてロビンソン一家が宇宙で遭遇する物語です。細かい内容や登場人物は忘れましたが、フライデーというロボットは覚えています。
            歴史で見ると、アメリカの西部開拓史、スペイン・ポルトガルの大航海時代に通じるような気もします。強者が弱者を征服する構図です。この延長線に、宇宙進出もあるのではと思います。「猿の惑星」という映画もありました。生物が住めるということは、先住生物がいるはずです。文明が高ければ紛争となるし、文明が低ければ高い方が征服するでしょう。建前は、人道上の正義のもとに共存共栄ということで、開拓されるでしょう。
             
            posted by: くん | 思うこと | 20:48 | comments(0) | - |
            大切な家族
            0
              NHKの「とと姉ちゃん」は昨日、今日と涙うるうるでした。昨日は、一家の主としての責任を全うできずに、妻と小さな娘達を残していくことの無念さ、口惜しさにうるうるし、幼い長女に父の代わりになることをお願いする父親、それを受け入れ約束する娘にまたうるうるでした。今日は涙をこらえて、ととの代わりを務めようとする姿にまたうるうるでした。
              昔、「火垂るの墓」を見て涙が出たのを思い出しました。大切な妹のために身を犠牲にしても守ろうとする兄、それも叶わず亡くなる妹と自分自身。家族の大切さと、周りの冷たさ、この世の無常さに、憤りと優しさに、涙があふれました。
              posted by: くん | 思うこと | 21:22 | comments(0) | - |
              木の根っこの掘り起し
              0
                木株
                直径20cmほどの柿の木の根っこです。地表10cmほど出ていたのですが、じゃまなので抜こうとしていますが、なかなか抜けません。3〜4日ほどかけて、60cmほど掘り、根っこの枝を切っています。まだびくともしません。昔の人は、荒地のもっと太い木をおこし、農地に開墾してきましたが、大変な重労働をしてきたことを少し実感しています。
                posted by: くん | 思うこと | 18:50 | comments(0) | - |
                つくし。のどかな風景
                0
                  つくし
                  つくしを見つけました。まだ丈も短く出がけのようです。田圃の畔にはまだ出ていません。のどかな風景です。
                  ギリシャに渡ろうとしたシリア人一家13人が船が沈没して、家長1人が助かり、妻、子、孫が船とともに沈んだままという、テレビニュースを見ました。苦しいままでも、残っていれば良かったという自責の念で生きているようでした。運よく、ヨーロッパに逃れた難民にも、第一経由地トルコ送還の話も出ています。シリアだけでなく、世界の多くの国で一部の人の欲望・利権が人間が人間らしく生きる権利を略奪しています。一方、困っている人、助けを求める人を救うため、その状況を発信するため、命がけで現地に赴き活動する人もいます。
                  のどかな風景を感じられることが一番の幸せかと思います。
                  posted by: くん | 思うこと | 08:50 | comments(0) | - |
                  良心
                  0
                    小松菜の花
                    小松菜の花。とうがあがってしまいました(とう立ち)。食べきれずに、100本以上花となりました。
                    NHKスペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」を視聴しました。現場で指揮を執った人、作業した人の危機感・悲壮感が伝わりました。最悪事態の東日本壊滅を本気で考え、自分たちの命を引き換えにでも、回避に尽力した精神力と行動力に感動しました。
                    全てを想定した対策マニュアルがあっても、訓練がされていても、いざとなると完全に実施できるものではありません。ましてや、想定外の事象となると、お手上げです。原発の事故の影響度は多大過ぎます。人間の作るものに完全はありません。それを分かっていて、安心・安全と言わざるを得ない国の指導者、電力会社、原発推進者を突き動かす力はなんでしょうか。ごもっともな、理論整然とした表向きの回答でなく、良心を聞きたいものです。
                    posted by: くん | 思うこと | 08:57 | comments(0) | - |
                    心もとない言葉
                    0
                      中島菜の花
                      中島菜の花です。中島菜は今日も食べましたが、美味しいです。
                      3.11「東日本大震災」のニュースが連日報道されています。復興の現状と課題、被災者の現状と支援の課題…。その中で、トラウマを負いながら、辛い思いを語り継ぐ人に、心もとない言葉をかける人がいる、と聞きました。物事の見方も光の当て方で、正反対に見ることができます。心もとない言葉も反対の面から発せられたかもしれません。しかし、相手の立場になって考えることのできる人、「寄り添う」ことのできる人からは、発せられないと思います。

                       
                      posted by: くん | 思うこと | 23:04 | comments(0) | - |